© アーカム株式会社 All rights reserved.

陣馬山から高尾山縦走(前編:陣馬山登山編)

アーカムの濱野です。

さて、先週末の3月10日、ちょっと登山をして来ました。

前回3年前に高尾山から陣馬山への縦走をしたのですが、
今度は逆のコースで登ろうと思いつき、、、

まずは、高尾駅より、朝7時35分発バスに乗ります。
私の家からですと、始発には間に合いません。(´・ω・`;
登山客が多いため、バスは増便されました。

8:05 陣馬高原下バス停下車。

トイレだけ済ませて8:10、和田峠に向かって登山スタート!

8:22 運命の分かれ道。このまま和田峠側から登る場合は右側を、あてくしは陣馬山の新ハイキングコースである左の道を進みました。和田峠側コースはゆったりと登れるようですが、がっつりと上に向かって登ろうじゃないですかっ!(`・ω・´)

広葉樹の中を、、、ただひたすらと、、

ひたすらと、、、、

ひたすらと、、、、、、、、、、

 

腹減った。(´・ω・`)

朝食べた大盛りイカ焼きそばでは体力が持ちません。

そんなわけで、登山恒例となってきましたこちら。

お腹が空いたらスニッカーズ!(本日一本目)

マース ジャパンさん見てます?(^^)v

え~、登山客の中で先頭を登っていたあてくし、このスニッカーズタイムで3名の方に追い越されました。

毎回思うのですが、、、毎度登山をしている方って、歳関係なく、足腰強いですよね。

結構スピード早く登ってきたつもりが皆さん早い早い。(゚д゚)

というわけで、登山継続、、、、

しばらく登ると、和田峠経由の道との合流点に。

ここまで来ると、陣馬山頂上まであと400メートルほど。

もう春を迎える時期ですが、雪が少し残っていたり、雪が溶けたのかぬかるんでいる道もちらほら。

ようやく、、、峠が見えました。

ここまで見えるともう足取りは軽いですよね。ぐんぐん登っていきます。

着いた!見えた!

と思ったところで気が付きました。
前回高尾山側から来た時には想像もしませんでしたが、
こちら陣馬高原下から登ると、白馬のお尻を眺めながら最後を登る結果に。。。

白馬さん、すみません。改めて正面からこんにちは。

9:10 登り始めてからちょうど1時間。山頂です。

陣馬山、運さえ良く晴れていれば、富士山も見える360度のパノラマ世界。

今日はあいにく霧が多く、富士山を見ることは出来ませんでした。(´・ω・`)

見知らぬ方にお願いして写真を1枚。v(´∀`*v)

頭が見事にちょん切れております。

 

次回、縦走編に続く。(´・ω・`)

 

 

 

 

関連記事

NV900

動画・静止画撮影可能!オープンファインダー採用 デジタル暗視スコープ「ARK-PR-NV900」

暗視の専門メーカーbestguarder製のオープンファインダー採用デジタルナイトビジョン、暗視スコープです。 製品名:デジタル暗…

ARK-PR-T9000

盗聴器やGPSの電波発見・隠しカメラのレンズ発見・磁石の発見!オールインワン発見器「ARK-PR-T9000」新発売!

アーカム自社ブランドとして登場した「HUNTER EYE(ハンターアイ)」より、さらにプロ向けとして「HUNTER EYE PRO(ハン…

【業界初】無線電波と磁力の探知のデュアル機能で盗聴器やGPS発信器を発見!「ARK-PR-T8000」発売!

アーカム自社ブランドとして登場した「HUNTER EYE(ハンターアイ)」より、さらにプロ向けとして「HUNTER EYE PRO(ハンタ…

業界最小・最軽量のトレイルカメラ「トレイルカメラ スモール ARK-TC501」発売開始

アーカム自社ブランドとして登場した「HUNTER EYE(ハンターアイ)」にて、近年では防犯や監視目的としても利用されるトレイルカメラシリー…

フルHDを超えた業界最高クラスの高解像度WQHD採用、オールインワン型ドライブレコーダーGoSafe34G発売開始

PAPAGO JAPAN株式会社より、GPS内蔵の特長を持つクラス最高峰のオールインワン型フルHD高画質ドライブレコーダ…

ページ上部へ戻る